HOME目的から選ぶ >外周警備

外周警備

外周警備

「敷地の中に不審者を入れない」のは防犯対策の基本です。

防犯対策を考える上で、基本となるのが「犯罪を未然に防ぐ」ということです。
犯罪が発生してから対応する事後処理型ではなく、犯罪が起きないようにする「予防型」の防犯がセキュリティハウス鹿児島の防犯対策のコンセプト「Keep-Out」賊を中に入れない、という考え方です。

そして、賊を中に入れないための基本となるのが「外周警備システム」です。

今、屋外にある商品、什器備品が狙われています。空調機の室外機や駐車してある自動車・トラクター、配線材料等が盗まれる被害が全国で発生しています。こうした屋外にある商品や什器備品を窃盗犯から守ることや、放火・異物混入といった多種多様な犯罪者を防ぐためには「外周警備」は欠かせません。

「外周警備はセキュリティハウス」と言われるには理由があります。

外周警備の重要性はどの防犯会社、警備会社でも分かっています。しかしほとんどのところが提案から外しています。
それはなぜかと言うと、外周警備は外部という過酷な環境で行うために、使用する機器の性能や施工調整力がなければ誤報や失報に繋がるため提案したくてもできない・・というのが実情なのです。
セキュリティハウスでは全国で30年以上も前から「外周警備こそが大切」との信念で行ってきました。

その結果、「ハードとソフトの両面でナンバーワン」なのです。

① 外周警備に使用する赤外線センサーは竹中エンジニアリング株式会社の製品。

全数検査で出荷、霧や雨、高温、太陽光など環境に強い高品質商品で警備市場シェアナンバーワンです。 ウィンザー城、バッキンガム宮殿、御所や金閣寺にも設置されています。4段ビームで木の葉や鳥をキャンセルします。

② 施工・調整はセキュリティプロ集団の専門技術スタッフが責任施工で実施。

弊社の技術スタッフが建物や外部環境に対応した機器選定、施工調整を実施します。

外周警備の納入実績はダントツにセキュリティハウスがナンバーワンです。

赤外線センサーによる外周警備システム

フェンスや塀をよじ登っての侵入者を検知するのが赤外線センサーです。
侵入しようとする犯罪者を即検知して、その場でセキュリティキーパーの音声メッセージで警告します。

同時にあらかじめ設定した管理者等5か所にメール・音声メッセージで自動通報します。

フェンスセンサーによる外周警備システムも併用することができます。
フェンスをよじ登ろうとした時に検知して音や光で威嚇撃退することができます。

太陽光パネル 外周警備

太陽光パネルの外周警備にも赤外線センサーが使用されています。
太陽光パネルの部品盗難やいたずらなどを防止します。

中古車センター 赤外線センサー

中古車センターや運送業などでも赤外線センサーが自動車やトラックを守るために活躍しています。

「抑止力」を追加。「狙わせない!!」

セキュリティキーパーを建物の外部に設置することで、下見をする犯罪者に対し、精神的な抑止効果を発揮します。
遠くからでも読める「警備中」の文字が、「ここはやばい!!」と感じさせ、犯罪対象から外させることができます。

又、セキュリティキーパーには内蔵されている音声報知機で赤外線センサーなどが犯罪者を検知すると、「ここは機械警備をしています。すぐに退出して下さい」という警告メッセージを流します。
それでも侵入しようとすると第二次警戒のセンサーが侵入者を検知し、サイレン又は「侵入発生!!110番通報を行います。」といったより強い警告メッセージを流します。

外周警備システムには、フルハイビジョンカメラシステムや遠隔監視システムi-NEXTとの連動をお勧めします。
赤外線センサーが侵入者を検知し、その場で威嚇撃退すると同時に自動通報されてきた後、現場の状況をiPadやiPhone等で遠隔から動画と音声で確認することができます。